メニュー

認知症・もの忘れ外来

当院では、認知症やもの忘れでお悩みの
患者様の診察を行っています。

・もの忘れが多くなった・・・
・いつもの家事がうまくできない・・・
・人やモノの名前が思い出せない・・・


年齢を重ねるにつれて、こんなお悩みが増えていませんか?

~まずは専門医を受診・相談~

一度専門医を受診し、お困りごとを相談してはいかがでしょうか?
受診をご希望の方は、お電話もしくはWebで、お気軽にご予約ください。

 

 

 

 

 

 


 

「認知症」と「もの忘れ」について


日本では、65歳以上の方のうち7人に1人が認知症と言われていて、患者さんの数は500万人に上ると言われています。また、“MCI”と呼ばれる軽度認知症の方などを合わせると、4人に1人が認知症または認知症予備軍であると言われています。このように、認知症は誰でも発症する可能性のある病気です。

一方、人間は誰でも年齢を重ねることで記憶力や判断力、理解力(認知機能)が低下してしまうものです。これは、徐々に体力が低下し、運動能力も落ちていくことと同じです。このように、年齢を重ねることで生じる認知機能の低下は、「年齢相応のもの忘れ」であり、病気ではないということができます。
他にも、老年期のうつ病やせん妄などの他の病気が隠れている場合もあります。

しかし、これらの症状を初期段階で区別することは難しく、血液検査、画像検査、認知機能のテストなどを含めた医師による診察を受けることで、きちんと現状を把握して今後の対策を取ることが大切です。

認知症は進行性の病気として知られており、治療を行わないとどんどん症状が進み、日常生活でできることが少なくなってしまうのが特徴です。早期に受診・発見することで、進行が緩やかになる可能性があります。
気になる症状がご自身やご家族に見られた時には、お気軽に当院の認知症・もの忘れ外来へご相談ください。

 

※当院の認知症・もの忘れ外来は、患者さんご本人の診察を前提としております。

アクセス

180-0006
東京都武蔵野市中町2-15-13 

JR中央線・総武線三鷹駅北口徒歩7分
関東バス・西武バス・横河入口下車徒歩6分
無料駐車場5台あり

診療時間
9:30~13:30
15:00〜17:30
△9:30~13:00、14:00~16:00

休診日 水曜日、日曜日、祝日

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME